ウォーミングアップとクールダウンの必要性

ウォーミングアップとは

ウォーミングアップとはメインの運動前に行ういわゆる準備運動のことで、正しくはウォームアップといいます。(ウォーミングアップは和製英語です)
一般的な方法としては軽いウォーキングのあとにダイナミック、バリスティックストレッチなどを行い、その後、メインの運動をおこないます。
ウォーミングアップには以下のような効果があります。

  1. ケガを予防する
  2. 心理的な準備

1.ケガを予防する

ウォーミングアップを行うと体温や筋温(筋肉の温度)が上昇するので、一時的に柔軟性が向上します。
柔軟性が向上することで関節のもつ可動域を最大限まで高めることができるので、予め行うことで運動によるケガを予防することができます。

2.心理的な準備

ウォーミングアップをおこなうことで、アドレナリン量が多くなり中枢神経を刺激して、運動に対する心理的な準備が整えることができます。

クーリングダウンとは

クーリングダウンとはメインの運動後に行ういわゆる整理体操のことです。
レジスタンストレーニングを行うと筋肉内には疲労物質が多くたまります。
このままほうっておくと筋肉は硬化し、過緊張状態になります。
運動後、速やかに回復を早めるためにはクーリングダウンを行うことが必要です。
クーリングダウンには軽いウォーキングやスタティックストレッチを用いるのが効果的です。

クーリングダウンには以下のような効果があります。

  1. 疲労回復の促進
  2. 柔軟性の回復
  3. 体調を整える

1.疲労回復の促進

筋肉を動かすことによって血管が収縮弛緩するので筋肉内にたまった乳酸を速やかに取り除くことができます。

2.柔軟性の回復

クーリングダウンを行うことにより筋肉の緊張を速やかに取り除き、柔軟性の低下によっておこるケガの予防になります。

3.体調を整える

疲労や柔軟性の回復を早めることで、その日の体調を整えることができます。

関連記事

KindleBookになりました。

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ピックアップ記事

  1. 男らしい体系を作る筋肉とは?大腿部を手に入れることが重要!

    男性の皆さんは、『男らしい体系を作るためにはどこを鍛えると良い』と思われるでしょうか? おそらく多…
ページ上部へ戻る