クーリングダウン(くーりんぐだうん)

クーリングダウン(くーりんぐだうん)

英語名称

cooling down(クーリングダウン)

解説

クーリングダウン(またはクールダウン)とはメインの運動後にストレッチやジョギングなどの軽度の運動を行う、いわゆる整理体操のことです。
ストレッチングやジョギングを行い、筋肉中の乳酸の除去を早めたり、疲労の回復に有効とされるために行われます。

ウォーミングアップが筋肉内の血流の促進や、筋や腱の柔軟性を高めるのに対し、クールダウンは運動直後の筋肉にとどまる血液を心臓に戻し一過性の貧血状態を予防し、運動中に生じた疲労物質を筋肉から除去するという役割があります。

特に激しい運動を行った直後に、いきなり運動をやめてしまうと、大量の血液が筋肉中に溜まったままとなるため、めまいや吐き気、一過性の貧血を起こしてしまうことがあります。
運動後、速やかに回復をはかり筋肉疲労を翌日に残さないためにも、心臓に負担を掛けないようにするためにもクーリングダウンを行うことは必要です。
クーリングダウンは軽いジョギングから軽いウォーキングへ移行し、そのあとあとスタティックストレッチの順で行うのが一般的です。
まとめるとクーリングダウンには以下のような効果があります。

  1. 疲労回復の促進
  2. 柔軟性の回復
  3. 体調を整える

 

 

疲労回復の促進
筋肉を動かすことによって血管が収縮弛緩するので筋肉内にたまった乳酸を速やかに取り除くことができます。

柔軟性の回復
クーリングダウンを行うことにより筋肉の緊張を速やかに取り除き、柔軟性の低下によっておこるケガの予防になります。

体調を整える
疲労や柔軟性の回復を早めることで、その日の体調を整えることができます。

運動後のアイシングなども効果的で運動後にクーリングアイテムを使い筋肉や関節を冷やすと血液の流れを抑え、けがを起こしやすい筋肉、関節の炎症を最小限に食い止めることができます。
ケガをしないための身体づくりの一環として、ウォーミングアップ同様にクーリングダウンを行うことは大切です。

 

 

 

関連記事

  1. エアロビクス(えあろびくす)

  2. ストレッチング(すとれっちんぐ)

  3. ウォーミングアップ(うぉーみんぐあっぷ)

  4. 体力ピラミッド(たいりょくぴらみっど)

  5. 筋肉痛(きんにくつう)

  6. 心理的限界(しんりてきげんかい)






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider