アメリカンフットボールのための筋力トレーニング

トレーニング概要

アメフトの選手はみな背が大きく体格のいい選手ばかりですが、スポーツの性質上あれくらいの体格がないと怪我をしてしまいます。
骨格が欧米人と比べて全体的に小さい日本人は身体を鍛えることに限界があるので、アメフトにおいて海外で活躍している選手がいないのはそのためでしょう。
そしてアメフトが他のスポーツと違いところは、首を重点的に鍛えるところです。
アメフトは数あるスポーツの中でもかなり激しいスポーツであり、怪我の確率も格段に違います。
それもそのはず。身長2m近くもあり体重が100kg以上ある選手が100mを10秒台の速度でタックルをしてくるのですから、首をしっかりと鍛えておかないと重大な怪我につながりかねません。
アメフトの歴史では、試合中に首の骨を折り死亡した選手もいるくらいなので、首の筋肉はとても重要な筋肉といえます。
アメフトの選手を見ると首が顔ほどに太い選手がごろごろといますがあの首はどうやって鍛えられているのか?
答えは、ブリッジをすることです。
しかし手を使って行うブリッジではなく、首で支えるブリッジです。
首は身体の中で最も鍛えにくい筋肉とされていますが、ブリッジをすることにより徐々にですが首を筋肉が発達し太くすることができます。
筋肉があることにより衝撃をより吸収しやすくなるので、怪我防止につながります。

※ 筋力トレーニングの順番は順不同で掲載しています。
一般にコンパウンド種目(色々な筋肉が複合して作用する種目のこと)や最優先して鍛えたい種目などをトレーニングの最初に行います。必要に応じて変更してください。
※ レスラーブリッジの具体的な方法は本サイトではご紹介していません。

アメリカンフットボールの筋トレメニュー

バーベル・ベンチプレス
大胸筋、三角筋前部、上腕三頭筋、烏口腕筋
10RM×3セット

ベンチプレス

デッドリフト
脊柱起立筋、大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングス
10RM×3セット

デッドリフト

ベントオーバーロウ
広背筋、大円筋、僧帽筋、三角筋、上腕二頭筋
10RM×3セット

ベントオーバーロウ

チンニング
広背筋、大円筋、大胸筋、小菱形筋&大菱形筋、僧帽筋、上腕二頭筋
10RM×3セット

チンニング

バーベルスクワット
大腿四頭筋、大臀筋、ハムストリングス
10RM×4セット

スクワット

レッグカール
ハムストリングス、腓腹筋
10RM×4セット

レッグカール

フォワードランジ
大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングス、ヒラメ筋、腓腹筋
10RM×4セット

フォワードランジ

アーノルドプレス
三角筋、上腕三頭筋、僧帽筋、前鋸筋
10RM×3セット

アーノルドプレス

サイドレイズ
三角筋、棘上筋、僧帽筋
10RM×3セット

サイドレイズ

シットアップ
腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腸腰筋、大腿四頭筋(大腿直筋)
15RM×3セット

シットアップ

関連記事

KindleBookになりました。

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ピックアップ記事

  1. 男らしい体系を作る筋肉とは?大腿部を手に入れることが重要!

    男性の皆さんは、『男らしい体系を作るためにはどこを鍛えると良い』と思われるでしょうか? おそらく多…
ページ上部へ戻る