ウエイトトレーニングを安全で効果的に行うにはグリップの握り方を状況や目的に応じ使いわけなければなりません。

grip1

オーバーグリップ

手の甲が上になる握り方で、バー(シャフト)を握る最も基本的な握り方です。日本語では『順手』と呼ばれています。

grip3

アンダーグリップ

手の平が上になる握り方で、上腕ニ頭筋、広背筋を鍛えるときに良く用いる握り方です。
日本語では『逆手』と呼ばれています。

grip2

オルタネイト(リバース)グリップ

片方がオーバーグリップ、もう片方がアンダーグリップで握る方法です。この握り方だと双方のグリップの回転力が相殺されるので、デッドリフトやシュラッグといった高重量を扱う種目には最適な握り方だといえます。

grip

パラレルグリップ

両方の手の平がお互いに向き合う(パラレル)握り方です。腕橈骨筋を鍛えるハンマーカールや背部を鍛えるロープーリーなどの種目で用いる握り方です。

関連記事

KindleBookになりました。

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ピックアップ記事

  1. 男らしい体系を作る筋肉とは?大腿部を手に入れることが重要!

    男性の皆さんは、『男らしい体系を作るためにはどこを鍛えると良い』と思われるでしょうか? おそらく多…
ページ上部へ戻る