僧帽筋(上部)のパートナーストレッチ

僧帽筋のパートナーストレッチ

僧帽筋(上部)のパートナーストレッチ

ストレッチする筋肉


僧帽筋(上部)頭板状筋頸板状筋

関節の動き


頚部においては屈曲動作が行われます。

ストレッチの方法

僧帽筋のパートナーストレッチ

  1. 仰臥位になり、パートナーは頭方より両手で後頭部を包みこむように保持します。
  2. パートナーは両手を使って頭部を床から持ち上げます。
  3. 僧帽筋上部にストレッチ感を得たらその状態を20~30秒維持させます。
  4. 以後、必要に応じ、3~4セット繰り返します。

ONE-POINT

  • 僧帽筋(上部)、頭板状筋、頸板状筋を効率よくストレッチするためには頚椎が後弯(丸くなるように)になるように頚椎を屈曲させる必要があります。
  • 非常にデリケートな部分なので頚部の角度が45°くらいを限度として頭部を持ち上げます。

関連記事

  1. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋のパートナーストレッチ

  2. 大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  3. 大胸筋(下部)のパートナーストレッチ

  4. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(上部)のパートナーストレッチ

  5. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  6. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋(下部)のパートナーストレッチ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider