脊柱起立筋(下部)のパートナーストレッチ

脊柱起立筋(下部)のパートナーストレッチ

脊柱起立筋(下部)のパートナーストレッチ

ストレッチする筋肉


脊柱起立筋(下部)

関節の動き

体幹部においては屈曲動作が行われます。

ストレッチの方法

脊柱起立筋(下部)のパートナーストレッチ

  1. 腰椎の可動性が失われている部分の真下にベッドの端がくるように腹臥位になります。
  2. パートナーは一方の手で脊柱起立筋上部あたりを押圧固定し、もう一方の手で脊柱起立筋下部あたりを押圧固定します。
  3. 脊柱起立筋を上方向、下方向に同時に押圧伸張します。脊柱起立筋下部にストレッチ感を得たらその状態を20~30秒維持させます。
  4. 以後、必要に応じ、3~4セット繰り返します。

ONE-POINT

  • このパートナーストレッチは腰椎の屈曲機能障害による制限のある方に非常に効果的なストレッチです。

関連記事

  1. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋のパートナーストレッチ

  2. 大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  3. 大胸筋(下部)のパートナーストレッチ

  4. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(上部)のパートナーストレッチ

  5. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  6. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋(下部)のパートナーストレッチ


部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider