外側広筋のパートナーストレッチ

大腿直筋のパートナーストレッチ

外側広筋のパートナーストレッチ

ストレッチする筋肉


大腿四頭筋外側広筋

関節の動き

 
股関節においては伸展、軽度内転外旋膝関節においては屈曲動作が行われます。

ストレッチの方法

内側広筋のパートナーストレッチ

  1. パートナーはストレッチする側に立ち、上方手で足関節を押さえ、下方手で大腿部前面を包みこむように持ちます。
  2. パートナーは上方手で足関節を軽く押さえつけながら、下方手を使い、大腿部をややベッドの内方に広げます。
    そのまま大腿部をベッドから持ち上げます。(股関節は外旋気味にします)
    このとき臀部が浮かないように気をつけながら大腿部を持ち上げるようにします。
  3. 外側広筋にストレッチ感を得たらその状態を20~30秒維持させます。
  4. 片側が終ったらもう片側も同様に行います。
  5. 以後、必要に応じ、3~4セット繰り返します。

ONE-POINT

  • このストレッチは外側広筋のストレッチとして紹介してますが、他の広筋群(中間広筋内側広筋)や大腿直筋腸腰筋腸骨筋大腰筋)などもストレッチされます。
  • 外側広筋を十分ストレッチするために股関節を外旋させる必要がります。
  • ストレッチを行う際、腰が反りすぎないように気をつけましょう。

関連記事

  1. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋のパートナーストレッチ

  2. 大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  3. 大胸筋(下部)のパートナーストレッチ

  4. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(上部)のパートナーストレッチ

  5. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  6. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋(下部)のパートナーストレッチ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider