肋間筋群のパートナーストレッチ

肋間筋群のパートナーストレッチ

ストレッチする筋肉


外内肋間筋

関節の動き

肩関節においては外転動作が行われます。

ストレッチの方法

  1. ベッドの上で側臥位にさせ、肩関節が180°外転、肘関節を軽度伸展させます。
  2. パートナーは動きの悪い肋骨部分が中心にくるように一方の手で肩甲骨を押圧固定し、もう一方の手で肋骨を固定します。
  3. パートナーは肋骨部を引き延ばすように押圧をかけてストレッチを行います。
  4. 肋間筋群にストレッチ感を得たらその状態を20~30秒維持させます。
  5. 片側が終ったらもう片側も同様に行います。
  6. 以後、必要に応じ、3~4セット繰り返します。

ONE-POINT

  • 四十肩などで肩を痛めている方はこのストレッチを行う際は手を下げた状態で行っていただいてもかまいません。
  • このストレッチは呼吸機能や横隔膜機能障害などの回復に非常に効果的です。

関連記事

  1. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋のパートナーストレッチ

  2. 大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  3. 大胸筋(下部)のパートナーストレッチ

  4. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(上部)のパートナーストレッチ

  5. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  6. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋(下部)のパートナーストレッチ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider