臀部のスタティックストレッチ

臀部のスタティックストレッチ(hip static stretch)

ストレッチする筋肉

muscle40
中臀筋大腿筋膜張筋腹斜筋群

関節の動き

taikan2-150x150 kokan1-150x150
体幹部において回旋股関節においては屈曲動作が行われます。

ストレッチの方法

arafsf

  1. 仰向けになり両膝を直角に曲げます。ストレッチする側の足が下になるように足を組みます。このとき両手は身体の真横に広げておきます。
  2. 臀部の側面(写真でいうと左)が伸ばされるまで膝(写真でいうと右膝)をなるべく床面に近づけるように体幹を捻ります。
  3. 臀部側面にストレッチ感を得たらその状態を20~30秒維持させます。
  4. 片側が終ったらもう片側も同様に行います。
  5. 以後、必要に応じ、3~4セット繰り返します。

ONE-POINT

  • このストレッチは先に紹介した腹部のスタティックストレッチとは違い、アクティブ(自動的)に行うところにあります。
    つまり、先のストレッチは体幹部のストレッチを行う際、自分の手を使って行ってます(他動的)が、このストレッチでは手を使用せず、あくまでも回旋に関わる筋肉だけを使用しアクティブ(自動的)に行っているのです。
  • 通常、パッシブROM(ROMとは関節の可動域のことです)とアクティブROMとではパッシブなROMの方がアクティブなものに比べ、より可動範囲が大きい傾向にあります。しかしながら本当はアクティブとパッシブの可動域の差が少ないのが望ましいと思ってください。
  • この回旋動作により腰部付近で音を立てることがあります。これは滑液中にガス泡が形成され出る音ですから健康上なんの問題もありません。

関連記事

  1. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋のパートナーストレッチ

  2. 大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  3. 大胸筋(下部)のパートナーストレッチ

  4. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(上部)のパートナーストレッチ

  5. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  6. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋(下部)のパートナーストレッチ


部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider