大腿部(後面)のスタティックストレッチ

ストレッチする筋肉

muscle46
ハムストリングス大臀筋下腿三頭筋

関節の動き

kokan1-150x150 hiza-150x150
股関節においては屈曲膝関節においては伸展動作が行われます。

ストレッチの方法

asda

  1. 長座になり、ストレッチする側の膝を伸ばし、もう一方の膝は軽く曲げておきます。
  2. 伸ばした側の膝を曲げないようにし、腰から上半身を前屈させます。この動作により、膝を伸ばしている側のハムストリングス(大腿ニ頭筋、半腱様筋、半膜様筋)のストレッチとなります。
  3. ハムストリングスにストレッチ感を得たらその状態を20~30秒維持させます。
  4. 片側が終ったらもう片側も同様に行います。
  5. 以後、必要に応じ、3~4セット繰り返します。

ONE-POINT

  • このとき背中があまり丸くならないように気をつけましょう。腰を痛めてしまう原因にもなりますし、ハムストリングスへの刺激も少なくなってしまいます。
  • 両手で足のつま先や足首をつかみ、足首が背屈させると下腿部後面(腓腹筋、ヒラメ筋)のストレッチにもなります。(柔軟性がなく、つま先や足首をもてない人はタオルを足先にかけて引いても良いでしょう)

関連記事

  1. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋(上部)のパートナーストレッチ

  2. 大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  3. 大胸筋(下部)のパートナーストレッチ

  4. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(上部)のパートナーストレッチ

  5. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  6. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋(下部)のパートナーストレッチ

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider