スティッフレッグド・デッドリフト

スティッフレッグド・デッドリフト(stifflegged deadlift)

強化される筋肉

muscle29
大臀筋ハムストリングス脊柱起立筋

筋肉の作用

kokan1-150x150
股関節においては伸展動作が行われます。

運動の方法

スティッフレッグド・デッドリフト (写真1)ファーストポジション

スティッフレッグド・デッドリフト (写真2)セカンドポジション

  1. 脚幅は肩幅よりやや狭めに拡げ、つま先は正面に向けておきます。このとき膝は完全に伸ばしきらず、わずかに屈曲させておきます。
  2. 胸をしっかりと張り、背筋をやや弓なりにします。その後、上体を水平程度にまで前傾させて、バーベルを握ります。このときバーの握り幅は肩幅程度に広げておきます。(写真1)
  3. 弓なり姿勢を保ちながら、直立姿勢になるまでバーバルを持ち上げ、フィニッシュではしっかりと胸を張り、肩甲骨を内側に寄せるように意識します。(写真2)
  4. バーベルを挙上したら上体の姿勢を崩さないようにコントロールしながらゆっくりと同じ軌道を通りながらスタート位置まで戻します。
  5. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 開始姿勢で息を吸い、息を止めながらバーベルを持ち上げます。ステッキングポイントを越えたら息を吐き出しながら開始姿勢にバーベルを戻します。

ONE-POINT

  • 動作中、脊柱起立筋はアイソメトリックに活動し、体幹部の保持に関与しています。スティッフレッグド・デッドリフトは大臀筋、ハムストリングス上部(股関節付近)を効率よく鍛える単関節種目です。
  • 膝が曲がり過ぎてしまうとハムストリングス上部への刺激が少なくなるので気をつけましょう。
  • 運動動作中はバーベルの軌道が常に脚のそばを通るように行います。
  • この種目は腰椎に負担を掛ける種目なのでリフティングベルトの着用をお勧めします。

YOU TUBE

関連記事

  1. バーベルベンチプレス

  2. ダンベルフライ

  3. ダンベルプレス・ウィズ・バランスボール

  4. ペックデックフライ

  5. プッシュアップ(腕立て伏せ)

  6. ウォールプッシュアップ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider