強化される筋肉

muscle41大腿四頭筋

 

 

関節の動き

hiza-150x150
膝関節においては伸展動作が行われます。

運動の方法

レッグエクステンション
(写真1)ファーストポジション

レッグエクステンション
(写真2)セカンドポジション

  1. マシンのカム軸と膝が横並びになるようにしっかりと腰掛けます。このとき、お尻と背もたれの間に隙間が出来てしまっているようなら背もたれの位置を変える必要があります。
  2. アンクルパッドが足の甲の付け根付近に来るようにパッドの位置を調節します。(写真1)
  3. 膝関節の部分で弧を描くようにしながら両膝をゆっくりと伸ばしていきます。(写真2)
  4. セカンドポジションで大腿部前面に十分に収縮感を得たらゆっくりと開始姿勢に戻ります。
  5. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 開始姿勢で息を吸い、息を吐きながら運動動作を行います。息を吸いながら開始姿勢に戻します。

ONE-POINT

  • アンクルパッドに足を固定する際、足首を反らせます。(足関節は背屈させて行います)こうすることにより大腿四頭筋を支配している大腿神経がより緊張し、大腿四頭筋の使われる割合が多くなるのです。
  • 運動動作後半でつま先を外側に広げるような動きを加えると(股関節の外旋動作)内側広筋、つま先を内側に向けるような動きを加えると外側広筋へ刺激を与えることができます。

YOU TUBE

関連記事

KindleBookになりました。

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ピックアップ記事

  1. 男性必見!逆三角形の分厚い背中を作る方法

    筋トレを行い、身体を鍛えることで周囲にたくましい印象を与えることができます。 特に男性の方は服を着…
ページ上部へ戻る