カテゴリー:基礎から学ぶトレーニング理論

  • トレーニングの原理・原則を知って安全で効果的なトレーニングをしよう!

    トレーニングには3つの法則と3つの原理、5つの原則があります。 この法則、原理・原則を知っているかいないかではトレーニングの効果に大きな差が生まれます。 また怪我などを防ぐ上でもこのことを理解することはとても重要です…
  • ストレッチ

    ストレッチを効果的に行うための5つの条件

    ストレッチ『stretch』とは直訳すると『引っ張る』、『引き伸ばす』という意味があります。 一方、ストレッチング『stretching』とは、『引っ張る』、『引き伸ばす』動作のことを指します。 運動動作中、筋肉を引…
  • 効果的に筋トレを行うための6つの条件

    筋トレはただがむしゃらに行ったとしても運動効果がないばかりか、場合によっては却って怪我や体調不良をきたす可能性もあります。 筋トレを効果的に行うためには一つ一つのトレーニングフォームをしっかり身につけることは勿論のこと…
  • 代表的なトレーニングメソッド①-RM(アールエム)法-

    ウエイトトレーニングを行うことで”瞬発力の向上”、”筋力の向上”、”筋肉の肥大”、”筋持久力の向上”などといった様々な運動効果を我々にもたらしてくれます。 その他にも”脂肪燃焼”や”不快症状(腰痛、頭痛、肩こりなどの痛…
  • 代表的なトレーニングメソッド②-ピラミッド法-

    前回ご紹介した『RM法』、『10RM法』は数あるトレーニングメソッドの中でも基本中の基本のメソッド(方法)になります。 勿論、そのメソッドをただひたすらやり続けてもウエイトトレーニングの効果は得られると思います。 し…
  • 代表的なトレーニングメソッド③-筋優先法-

    ウエイトトレーニングを効果的に行うためにはトレーニングを行う順番を十分に考慮する必要があります。 この際に良く耳にするのが”筋優先法”と呼ばれるトレーニングメソッドです。 筋優先法は名称通り、自分が一番鍛えたいと思っ…
  • 代表的なトレーニングメソッド④-スーパーセット法-

    ウエイトトレーニングをひたすらやり続けても必ずそう遠くない将来、頭打ちが訪れます。 これを俗に『プラトー(停滞期)』といいます。 筋肉は刺激に対し非常に順応性がある組織なので、例え、10RM法などを用い、重量に絶えず…


関連コンテンツ

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

基礎から学ぶトレーニング理論

競技種目別筋力トレーニング

トレーニング用語辞典

栄養・サプリメント

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ピックアップ記事

  1. 夏はもう間近!6パックに腹筋を割る方法

    学生の頃はお腹などにたるみがなく、『腹筋も6パックに割れていた!』という方は多いのではないでしょうか…
  2. 着たい服が着れる!引き締まったウエストを手に入れる方法

    女性にとって、メリハリのある身体を持つことは何者にも代えがたいものがあるのではないでしょうか? 一…
  3. さよならプヨプヨ二の腕!すらっと綺麗な二の腕に引き締めるには?

    女性にとって、ほっそりとした二の腕を手に入れることはとても重要なことではないでしょうか? 冬場は袖…
ページ上部へ戻る