バーベルカール

バーベルカール(barbell curl)

強化される筋肉

muscle16
上腕二頭筋上腕筋腕橈骨筋

関節の動き

hiji1-150x150
肘関節においては屈曲動作に関与します。

運動の方法

バーベルカール (写真1)ファーストポジション

バーベルカール (写真2)セカンドポジション

  1. 足幅は肩幅よりやや広めにし、アンダーグリップ(手のひらが前方を向くよう)でバーベル(可能であればEZバーを利用することをお勧めします)を握ります。両肘は伸ばしきる一歩手前くらいで保持し、大腿部の前でバーベルを構えます。(写真1)
  2. 両肘を身体に固定しながら、肘関節を中心にバーベルの巻き上げ動作を行います。
    このとき肘を後方に引くような動きをしてしまうと上腕二頭筋への刺激が少なくなってしまうため、そうならないように気を付けながら行いましょう。(写真2)
  3. 同じ軌道を通りながらスタート位置までバーベルを降ろします。
    このとき肘が伸びきる一歩手前で運動動作を終えるようにします。
  4. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 呼吸は重量が軽いときにはバーベルを巻き上げるときに息を吐き、下げるときに息を吸います。
  • 高重量を用いる場合は、開始姿勢で息を吸い、息を止めながらバーベルを巻き上げ、ステッキングポイントを越えたら息を吐き出します。

ONE-POINT

  • 運動動作中、どうしても肘がブレてしまうようであればアームブラスターを用いるか、トレーニングパートナーに後方から肘を固定してもらうと良いでしょう。

YOU TUBE

関連記事

  1. バーベルベンチプレス

  2. ダンベルフライ

  3. ダンベルプレス・ウィズ・バランスボール

  4. ペックデックフライ

  5. プッシュアップ(腕立て伏せ)

  6. ウォールプッシュアップ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider