ヒップ・インターナルローテーション

ヒップ・インターナルローテーション(hip internal rotation)

強化される筋肉

muscle34
股関節内旋筋群(小臀筋大腿筋膜張筋中臀筋半腱様筋半膜様筋

関節の動き

kokan3-150x150
股関節においては内旋動作が行われます。

運動の方法

ヒップ・インターナルローテーション (写真1)ファーストポジション

ヒップ・インターナルローテーション (写真2)セカンドポジション

  1. セラバンド(ゴムチューブ)の一方をマシンや柱などに固定します。セラバンドのもう一方を足部に巻きつけ固定し長座位になります。
  2. つま先を外側に向けるように股関節を捻り(股関節を外旋させるという意味)ファーストポジションをとります。(写真1)
  3. セラバンドの弾力性に逆らいながら、ゆっくりとつま先を内側に捻り(股関節を内旋させるという意味)ます。(写真2)
  4. 同じ軌道を通りながら開始姿勢まで戻します。
  5. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 息を吐きながら運動動作を行います。セカンドポジションの状態で2~3秒キープしたら息を吸いながら開始姿勢に戻ります。

ONE-POINT

  • この種目は股関節の内旋筋群(小臀筋、大腿筋膜張筋、中臀筋、半腱様筋、半膜様筋)を目的としたアイソレーション(単関節)種目です。
  • 運動動作中はセラバンドが足部から外れないようにしっかり固定します。また、動きはなるべく股関節から起こるように意識しながら行いましょう。

強化される筋肉

関連記事

  1. バーベルベンチプレス

  2. ダンベルフライ

  3. ダンベルプレス・ウィズ・バランスボール

  4. ペックデックフライ

  5. プッシュアップ(腕立て伏せ)

  6. ウォールプッシュアップ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider