シーテッド・レッグカール

シーテッド・レッグカール(seated leg curl)

強化される筋肉

muscle45
ハムストリングス腓腹筋

関節の動き

hiza-150x150
膝関節においては屈曲動作が行われます。

運動の方法

シーテッド・レッグカール (写真1)ファーストポジション

シーテッド・レッグカール (写真2)セカンドポジション

  1. マシンのカム軸と膝が横並びになるようにしっかりと腰掛けます。このとき、お尻と背もたれの間に隙間が出来てしまっているようなら背もたれの位置を変える必要があります。
  2. アンクルパッドがアキレス腱よりやや上方にくるように調節します。(写真1)
  3. 膝関節の部分で弧を描くようにしながら両膝をゆっくりと曲げていきます。(写真2)
  4. セカンドポジションで大腿部後面に十分に収縮感を得たらゆっくりと開始姿勢に戻ります。
  5. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 開始姿勢で息を吸い、息を吐きながら運動動作を行います。膝を十分に曲げたら息を吸いながら開始姿勢に戻ります。

ONE-POINT

  • プローン(うつ伏せ)タイプのレッグカールに比べ、シーテッドタイプのレッグカールの方がストレッチポジションのときに負荷がかかりやすくなります。
  • 運動動作中につま先を外側に向けておくと(股関節を外旋させる)大腿二頭筋に、つま先を内側に向けておくと(股関節を内旋させる)半腱様筋に効きやすくなります。

YOU TUBE

関連記事

  1. バーベルベンチプレス

  2. ダンベルフライ

  3. ダンベルプレス・ウィズ・バランスボール

  4. ペックデックフライ

  5. プッシュアップ(腕立て伏せ)

  6. ウォールプッシュアップ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider