アブドミナルマシン

アブドミナルマシン(abdominal machine)

強化される筋肉

muscle22
腹直筋(上部)腹斜筋群

筋肉の作用

taikan1-150x150
体幹部においては屈曲動作が行われます。

運動の方法

アブドミナル (写真1)ファーストポジション

アブドミナル (写真2)セカンドポジション

  1. アブドミナルマシンに座ったときに、自分のヘソとマシンの回転軸が横並びになるようにシートの高さを調整します。
  2. 肘パッドに肘をのせ、グリップは握らずに添えるだけにします。このとき肘はできるだけ身体の近くに引き寄せておきます。(写真1)
  3. 腹筋の力を利用し、肘のパッドが床面に対して平行になるくらいまで上体を前屈させます。(写真2)
  4. 腹筋の収縮感を得たらその状態を1~2秒保ちます。その後、抵抗に逆らいながらゆっくりと開始姿勢まで戻します。
  5. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 開始姿勢で息を吸い、息を吐きながら運動動作を行います。元の位置に戻しつつ息を吸います。

ONE-POINT

  • 肘をのせる位置が自分から見てあまり遠くの方に置いてしまうとテコの原理で腹部への刺激が少なくなってしまいます。
  • グリップを握ると腕力に頼った運動となってしまうので手は添えるだけにしましょう。

YOU TUBE

関連記事

  1. バーベルベンチプレス

  2. ダンベルフライ

  3. ダンベルプレス・ウィズ・バランスボール

  4. ペックデックフライ

  5. プッシュアップ(腕立て伏せ)

  6. ウォールプッシュアップ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider