胸部のスタティックストレッチ

ストレッチされる筋肉

muscle1

大胸筋三角筋

 

 

関節の動き

水平内転 kenkou3-150x150
肩関節においては水平外転肩甲帯においては内転動作が行われます。

ストレッチの方法

afgfjkk

  1. ストレッチする側の肘から手首までを壁に固定します。このとき脇、肘の角度はそれぞれ90°くらいになるようにします。
  2. 重心を前方に移動させ胸をストレッチします。
  3. 胸、肩にストレッチ感を得たらその状態を20~30秒維持させます。
  4. 片側が終ったらもう片側も同様に行います。
  5. 以後、必要に応じ、3~4セット繰り返します。

ONE-POINT

  • 胸部と肩部の柔軟性が衰えてしまうと猫背(円背)になりやすくなります。予防のためには胸をストレッチを十分に行い、且つ、ウエイトトレーニングで背中の筋肉を鍛えると良いでしょう。
  • もし、胸部の上部、下部をストレッチしたいのであれば、それぞれ脇と肘の角度を変える必要があります。胸部の下部をストレッチをする場合は肘を高めの位置に、上部をストレッチする場合は肘を低めにすると良いでしょう。

関連記事

KindleBookになりました。

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ピックアップ記事

  1. 男らしい体系を作る筋肉とは?大腿部を手に入れることが重要!

    男性の皆さんは、『男らしい体系を作るためにはどこを鍛えると良い』と思われるでしょうか? おそらく多…
ページ上部へ戻る