ローテーターカフ・ダイナミックストレッチ

ローテーターカフ・ダイナミックストレッチ(rotator cuff dynamic stretch)

ローテーターカフ・ダイナミックストレッチとは主に棘上筋(きょくじょうきん)、肩甲下筋(けんこうかきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)などの筋肉をダンベルの重みを利用しながらストレッチをすることができます。
このページではローテーターカフ・ダイナミックストレッチの正しいフォーム、動作のポイントや注意点、呼吸法などを初心者の方でも理解しやすいように画像、動画つきで解説します。

ストレッチする筋肉

muscle3
大胸筋肩甲下筋棘下筋小円筋

関節の動き

kata4
肩関節においては内旋-外旋が行われます。

ストレッチ方法

ローテーターカフダイナミックストレッチ (写真1)ファーストポジション

ローテーターカフダイナミックストレッチ (写真2)セカンドポジション

  1. ダンベルのグリップに親指をしっかり巻きつけてダンベルを握ります。
  2. フロアかベッドの上に仰向けに寝ます。
    このときに肩関節、肘関節の角度は90°にします。
  3. ダンベルの重みを利用し、肩関節を外旋させます。(写真1)
  4. 続いて肩関節をゆっくりと内旋させます。(写真2)
  5. 片側が終ったらもう片側も同様に行います。

呼吸方法

  • ストレッチ中は息を止めないようにします。

ポイントと注意点※順不同

  • グリップの握り方は親指をしっかり巻きつけて行う『サムアラウンドグリップ』を用いるようにします。
    このときダンベルはあまり強く握り過ぎないように気をつけます。
  • このダイナミックストレッチはダンベルの重みを利用したストレッチです。
    比較的軽めの重量で実施するようにしましょう。
  • 棘下筋、小円筋は非常に損傷しやすい部位なので無理をせず、慎重に行うようにしましょう。
  • 運動動作中は常に肩が床から浮かないように内外旋させます。

YOU TUBE

関連種目

■ダイナミックストレッチ■

ローテーターカフ・ダイナミックストレッチ

関連記事

  1. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋のパートナーストレッチ

  2. 大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  3. 大胸筋(下部)のパートナーストレッチ

  4. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(上部)のパートナーストレッチ

  5. 大胸筋パートナーストレッチ

    大胸筋(中部)のパートナーストレッチ

  6. 大胸筋のパートナーストレッチ

    大胸筋(下部)のパートナーストレッチ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider