ローテーターカフ・アクティブエクササイズ

ローテーターカフ・アクティブエクササイズ(rotator cuff active exercise)

強化される筋肉

muscle10
肩甲下筋大胸筋広背筋大円筋棘下筋小円筋菱形筋群僧帽筋肩甲挙筋

関節の動作

kata4
肩関節においては内旋-外旋動作が行われます。

運動の方法

ローテーターカフアクティブエクササイズ(写真1)ファーストポジション

ローテーターカフアクティブエクササイズ (写真2)セカンドポジション

  1. 仰向けになりソフトギムの上にトレーニングする側の腕を乗せます。このとき肘と脇の角度は直角になるようにします。ソフトギムを押しつぶしながら肩を外旋させます。(写真1)
  2. ソフトギムがなるべくブレないようにしながら、ゆっくりと肩を内旋させます。(写真2)
  3. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 息を吸い、息を吐きながら肩関節を内旋(写真2)させます。その後、肩関節を外旋(写真1)させながら息を吸います。

ONE-POINT

  • 野球の投球動作やバレーボールのスパイク、テニスのサーブ動作などの際に使用されるローテーターカフを強化させるのに非常に有効なエクササイズです。内旋、外旋動作を交互に行うことでローテーターカフをバランス良く強化できるだけでなく、様々な運動の技能習得への土台となるコーディネーション能力を高めることができます。
  • ソフトギムを押しつぶすように行うことで、三角筋後部、棘下筋、小円筋をアイソメトリック的に鍛えることもできます。

YOU TUBE

関連記事

  1. バーベルベンチプレス

  2. ダンベルフライ

  3. ダンベルプレス・ウィズ・バランスボール

  4. ペックデックフライ

  5. プッシュアップ(腕立て伏せ)

  6. ウォールプッシュアップ






部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider