ペルビックチルト・オンザボール

強化される筋肉

muscle26
腹直筋ハムストリングス腓腹筋

関節の動き

taikan1-150x150
体幹部においては屈曲動作が行われます。

運動の方法

fhsdkjf (写真1)ファーストポジション

asdasd (写真2)セカンドポジション

  1. 仰向けになりバランスボールの上に両足を乗せます。このとき膝の角度が90~100度くらいになるように曲げておきます。(両方の手の平は下腹部に置いておきます。)(写真1)
  2. 下腹部を収縮させ、床から尾骨、仙骨、腰椎の順で持ち上げていくようなつもりで骨盤を後傾させます。(写真2)
  3. 2~3秒間、腹部を緊張させたらゆっくりと開始姿勢に戻ります。
  4. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 開始姿勢で息を吸い、息を吐きながら運動動作を行います。元の位置に戻しつつ息を吸います。

ONE-POINT

  • このエクササイズは骨盤の後傾を作り出す時によく用いられるエクササイズです。
    腹直筋が働かず、腹筋運動がうまく出来ない方は大概、骨盤が前傾していることが多いので腹筋運動を行う以前にこのエクササイズを行うと良いでしょう。
  • このエクササイズは床面で行うペルビックチルトに比べ、可動域を広く行うことができ、スタビリティートレーニングにもなります。

YOU TUBE

関連記事

  1. バーベルベンチプレス

  2. ダンベルフライ

  3. ダンベルプレス・ウィズ・バランスボール

  4. ペックデックフライ

  5. プッシュアップ(腕立て伏せ)

  6. ウォールプッシュアップ

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider