シッティングボール・ペルピックチルト

強化される筋肉

muscle22
腹直筋(下部)

関節の動き

taikan1-150x150
体幹部においては屈曲動作が行われます。

運動の方法

シッティングボール・ペルビックチルト (写真1)ファーストポジション

シッティングボール・ペルビックチルト (写真2)セカンドポジション

  1. 背筋を伸ばしバランスボールの上に腰掛けます。このとき足幅は肩幅よりやや広めに開き、両手は胸の前で組みます。(写真1)
  2. ボールの転がりを利用し、尾骨、仙骨、腰椎の順で骨盤を前方に滑らすように骨盤を後傾させます。このとき目線をへそに向けることにより骨盤の後傾が作り出しやすくなります。(写真2)
  3. 2~3秒間、腹部を緊張させたら、ボールの転がりを利用してゆっくり開始姿勢に戻ります。
  4. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 開始姿勢で息を吸い、息を吐きながら運動動作を行います。元の位置に戻しつつ息を吸います。

ONE-POINT

  • このエクササイズは骨盤の後傾を作り出すときに良く用いるエクササイズです。
  • バランスボールの転がりを利用することで、フロアで行うペルビックチルトより比較的容易に骨盤の後傾を動きを行うことができます。
  • このエクササイズには片足をあげて行うバリエーションがあります。このバリエーションではバランス能力が強化できます。

YOU TUBE

関連記事

  1. バーベルベンチプレス

  2. ダンベルフライ

  3. ダンベルプレス・ウィズ・バランスボール

  4. ペックデックフライ

  5. プッシュアップ(腕立て伏せ)

  6. ウォールプッシュアップ

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider