バックキック

関節の動き

kokan1-150x150
股関節においては伸展動作が行われます。

運動の方法

バックキック (写真1)ファーストポジション

バックキック (写真2)セカンドポジション

  1. 四つん這いになります。手幅は肩幅と同じくらいにし、両膝も手幅と同様、肩幅程度に広げておきます。このとき腰が反らないように体幹部をしっかり安定させておきます。(写真1)
  2. 股関節の部分で弧を描くようにしながら膝を伸ばしながら脚が床面と平行になるところまで挙上させます。(写真2)
  3. 2~3秒、セカンドポジションをキープしたら開始姿勢に戻します。
  4. 以後、運動動作を必要回数繰り返します。

呼吸方法

  • 息を吐きながら運動動作を行います。セカンドポジションを2~3秒キープしたら息を吸いながら開始姿勢に戻ります。

ONE-POINT

  • スパイラルバックキックとほぼ同じエクササイズですが、肩関節の伸展動作が伴わないのでバランス感覚がさほど要求されません。そのためほぼ純粋に臀部、ハムストリングスを強化するエクササイズと思っていただいて良いと思います。
  • 臀部への刺激を最大限に高めるためには予め腹直筋を収縮させ骨盤を後傾させておく必要があります。逆に言い換えれば腹直筋が弱い人ではこのエクササイズを効率良く行うことができない可能性があります。
  • セカンドポジションでは股関節の伸展動作とともに外旋動作(つま先を外側に捻る)を行う必要があります。なぜなら大臀筋は股関節の伸展と外旋動作を司る筋肉だからです。

YOU TUBE

関連記事

  1. バーベルベンチプレス

  2. ダンベルフライ

  3. ダンベルプレス・ウィズ・バランスボール

  4. ペックデックフライ

  5. プッシュアップ(腕立て伏せ)

  6. ウォールプッシュアップ

部位別エクササイズ

カテゴリー別トレーニング種目

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider